不動産会社を使い分けることでいい不動産物件に巡り合うことができるかもしれませんね。
まず不動産取引が初心者の人は、駅前にあるような不動産会社を利用するのがいいかもしれませんね。

駅前にあるようなターミナル型の不動産会社の場合には不動産会社の営業マンも知識が豊富ですから不動産についていろいろとアドバイスをしながら選んでくれると思います。
比較的親切丁寧な対応をしてくれるのが駅前の不動産会社だといわれています。

そして不動産会社を使い分ける場合にはどうやって使い分けるのかというと、もうひとつタイプの違う不動産会社を利用するのです。

それは地域密着型です。
こちらの不動産会社では一般に流通させないような新築の情報やターミナル型の不動産会社にはないような物件をたくさん抱えていることがありますし、大家さんとのパイプラインも太くて少し融通がききやすいこともあります。

ですからまずは初心者の人の場合にはターミナル型の不動産会社へ出向いて、そして慣れてきてだんだん相場などが分かってきたら地域密着型の不動産会社を利用してみるというのもいいかもしれませんね。不動産会社の使い分けがポイントです。


スポンサーリンク